デール・カーネギー 名言集【いかにして自信を得るか】

「人を動かす」「道は開ける」の著書で有名な、デール・カーネギー。

デール・ブレッケンリッジ・カーネギー(Dale Breckenridge Carnegie)は、アメリカの作家にして教師で自己啓発で有名な著者です。1936年の「人を動かす」(原題:How to Win Friends and Influence People)や、1948年の「道は開ける」(原題:How to Stop Worrying and Start Living)は、現代を生きる私達にとっても通じる名著です。

そのようなカーネギーは数々の名言を残すとともに、カーネギー自身も他の偉人の名言を好んで引用していました。そんなカーネギーに選ばれた名言を紹介します。人生全般にわたるカーネギーの哲学が見えてくるのではないでしょうか。

鋭い言葉や巧みな比喩、ぴりっと薬味の利いた言葉の数々は、問題をかかえていたり悩みがあるときこそ心に響いてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

いかにして自信を得るか・カーネギーが選んだ名言集①【デール・カーネギー 名言集】

 

危険が身に迫った時、逃げ出すようでは駄目だ。かえって危険が二倍になる。しかし決然として立ち向かえば、危険は半分に減る。何事に出会っても決して逃げ出すな。決して!

ウィンストン・チャーチル

 

 

君は本当に自分の抱いた理想像に到達しているだろうか。もし自分の行為を反省して「いかん、あれは大失敗だった。ついかっとなって、怒らせなくてもよい人を怒らせてしまった。もっとよく考えてから話せばよかった」と言い聞かせる勇気がなければ、君はまだまだ理想像には到達していない。

ドワイト・D・アイゼンハワー

 

 

自分に引け目があると思い込まないうちは、誰もあなたに引け目を感じさせることはできません。

エレノア・ルーズヴェルト

 

 

私は今年で八十六歳になるが、この年になるまでに、相当な数の人々が下積みから這い上がって成功するのを見届けてきた。成功者になるために一番大切なものは、「自分にもできる」という信念である。思い切って事に当たらない限り、決して名声も成功も得られない。

ジェイムズ・ギボンズ枢機卿

 

 

勇気ある人間になりたければ、以下の五つの心得をしっかり守ることだ。何事に出会ってもびくともしない人間になるだろう。

一、本当に勇気があるかのようにふるまう。こうすれば元気が出てきて、「自分だって、あれくらいのことはできるのだ」という気になるから妙だ。

二、よく考えてみれば、失望落胆して壁に行き当たった人の多くが、立派にそれを乗り越えてきているのだ。他人にできたことが自分にもできぬはずがない。

三、人間の生命力は、リズムに従って盛んになったり衰えたりしている。意気消沈して人生に立ち向かう意欲を失えば、どん底まで落ち込んで這い上がれなくなる。だが、あくまで勇気を失わなければ、今まで自分を抑え続けてきた力を一転して、失意から抜け出す力に転化できる。

四、昼間より夜のほうが気が減入るものだ。勇気は太陽と一緒にやってくる。

五、勇気は、人の偉大さをはかる物差しである。自分の理想像のレベルに達するまで頑張ることだ。

デール・カーネギー

 

 

あくまで自分自身と自分の取り組んでいるアイディアを信ずるなら、たいてい成功することが私にはわかった。

チャールズ・F・ケタリング

 

 

肝だめしに夜墓地を一人で歩く少年は、さも陽気そうに口笛をぴーぴー吹き鳴らす。すると恐怖心は口笛で「吹き飛ばされ」、墓地を歩くのが怖くも何ともなくなる。これと同じように、自分のふさぎきった心を口笛で吹き飛ばして、他人までふさぎの巻き添えにしないように気を配る者が、もっといてもよさそうなものだ。楽しそうにふるまっていると、いつか本当に楽しくなる。物事に熱中するにはこの手に限る。仕事にしろ会議にしろ、面白くてたまらないといった態度で取りかかれば、いつの間にか本当に熱中している自分に気がつくものだ。

デール・カーネギー

 

 

勇気とは、恐ろしくて半分死にそうになっている時でさえ、その場に必要な行動が取れる能力である。

オマー・ブラッドレー将軍

 

 

自分の心に描く夢の実現に向かって努力する時、普段なら思いもよらぬ、成功が得られる。空中に楼閣を建てても無駄骨には終わらない。楼閣は空中に建てるものだ。さあ、その下に土台を建てよう。

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

 

スポンサーリンク

 

人間は逃げ場がなくなれば、不幸と災難に耐え抜き、それを克服することができるものだ。人間には、自分でも驚くほど強力な知恵と能力が隠れている。それを利用する気になりさえすればよい。我々は自分の潜在的な力に気づいていないだけである。

デール・カーネギー

 

 

勇者の気持ちを味わいたければ、ありったけの気力をふるって、勇者らしくふるまうことだ。その時、恐ろしくていたたまれない気持ちは、勇気凛々としてじっとしていられない気持ちに、取って代わられるだろう。

ウィリアム・ジェイムズ

 

 

障害を克服できると信ずる者だけが、本当に障害を克服することができる。一日に一つでも恐怖の対象を克服しない者は、まだ人生の第一課さえ学んでいない。

ラルフ・ワルド・エマーソン

 

 

一日に少なくとも一つは自分の力にあまることを成し遂げようとしない限り、どんな人間でもたいした成功は期待できない。

エルバート・ハバード

 

 

人間のできることなら何だってできるという気になれば、たとえどんな困難にあっても、いつかは必ず目標を達成できる。

これと反対に、ごく単純な事柄でさえ、自分にはとても無理だと思い込めば、たかだかモグラの積み上げた土くれにすぎぬものが、目もくらむような高山に見える。

エミール・クーエ

 

 

次の心得を守れば、十中八九成功する

自信を持つこと、そして仕事に全力を尽くすこと。

トーマス・E・ウィルソン

 

 

恐怖の目で未来を眺めるのは、危険きわまりない。

エドワード・ヘンリー・ハリマン

 

 

大胆は勇気を、臆病は恐怖をもたらす。

プブリウス・シルス

 

 

自分の欠点ばかり気になり出したら、そんな劣等感を直してくれる人間はこの世に一人しかいない。つまりあなた自身だ。直し方は次の言葉に尽きる。

「おのれ自身のことを忘れよ」。恥ずかしくなってきたり気遅れしたり、自分が気になり出したりしたら、すぐその場で何か他のことを考えることだ。人と語り合う際には、話題以外のことはいっさい念頭には置かない。相手がこちらのことをどう思っていようが、こちらの話しぶりをどう思っていようが、決して気にしないことだ。自分のことは忘れて、先を続けることだ。

デール・カーネギー

 

 

財産を失っても痛手は少ない。健康を失うと痛手は大きい。勇気を失うと、それこそ取り返しがつかない。

作者不明

 

 

恐怖の数のほうが危険の数より常に多い。

セネカ

 

「やろう」と思う強い意志は、これまで行なってきた行動の回数と、その時の決意の強さによって決まります。そして行動にかかるたびに、人間の脳は成長します。そうなった時、本当の信念が生まれるのです。

せっかく決心しても、また美しい気持ちを抱きかけても、実を結ぶことなく立ち消えになってしまっては、その損害は機会を失った時よりはるかに大きいでしょう。その人の将来の目的の達成が遅れてしまうし、心の冷たい人になってしまうからです。

口先だけなら、誰でも強そうなことが言えます。でも実際にその場で発揮できる勇気は、いつの場合でも十分ではありません。私たちは、勇気が毎日少しずつ蒸発するにまかせているからです。

ヘレン・ケラー

 

 

 

何事にも動じない決断力ほど、気概のある人間をつくり出す要因はおそらくあるまい。将来、大人物を目指す若者や、死後何らかの点で大人物に数えられたいと願う若者は、単に数知れぬ障害を克服する決心をするだけでは駄目だ。数知れぬ拒絶と敗北に出会っても、障害を克服してみせる決心が必要である。

セオドア・ルーズヴェルト

 

 

恐怖を克服する決心をしさえすれば、たいていの恐怖は克服できる。恐怖は人の心の中にしか存在しないからだ。

デール・カーネギー

 

 

恐ろしくなったら、自分のやるべき仕事のことを一心に考えることだ。すっかり仕事に対する心構えができれば、恐怖心は消え去る。

デール・カーネギー

 

 

自然にふるまう態度ほど、身につけやすいものはない。ただ自分のことを忘れさえすればよい。「こういうふうに見てほしい」という気持ちを忘れさえすればよい。

デール・カーネギー

 

家から出る時は、いつでもあごを引いて頭をまっすぐに立て、できる限り大きく呼吸をすること。日光を吸い込むのだ。友人には笑顔を持って接し、握手には心を込める。誤解される心配などはせず、敵のことに心をわずらわさない。やりたいことをしっかりと心の中で決める。そして、まっしぐらに目標に向かって突進する。大きな素晴らしいことをやり遂げたいと考え、それを絶えず念頭に置く。

すると、月日のたつに従って、いつの間にか、念願を達成するのに必要な機会が自分の手の中に握られていることに気がつくだろう。あたかも珊瑚虫が潮流から養分を摂取するようなものである。また、有能で真面目で、他人の役に立つ人物になることを心がけ、それを常に忘れないでいる。すると、日のたつに従って、そのようの人物になっていく。

心の働きは絶妙なものである。正しい精神状態、すなわち勇気、率直、明朗さを常に持ち続けること。正しい精神状態は優れた創造力を備えている。すべての物事は願望から生まれ、心からの順いはすべてかなえられる。人間は、心がけたとおりになるものである。あごを引いて頭をまっすぐに立てよう。神となるための前段階、それが人間なのだ。

エルバート・ハバード

 

「不可能」という文字は、愚か者の辞書にしか存在しない。

ナポレオン

 

 

恐ろしくてできそうもないことを成し遂げれば、恐怖は必ず消滅する。

ラルフ・ワルド・エマーソン

 

 

この世を動かす力は希望である。やがて成長して新しい種が得られるという希望がなければ、農民は畑に種をまかない。子供が生まれるという希望がなければ、若者は結婚できない。利益が得られるという希望がなければ、商人は商売に取りかからない。

マルティン・ルター

 

最後に

カーネギーの選ぶ名言には、短い言葉であっても長い言葉であってもそれぞれに重みがあります。現代に生きる私達にも通じるものがあるのではないでしょうか。

人生に悩んだり迷ったりしたときに心の支えの一助となったら幸いです。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です