デール・カーネギー 名言集【いかにして自信を得るか】

「人を動かす」「道は開ける」の著書で有名な、デール・カーネギー。

デール・ブレッケンリッジ・カーネギー(Dale Breckenridge Carnegie)は、アメリカの作家にして教師で自己啓発で有名な著者です。1936年の「人を動かす」(原題:How to Win Friends and Influence People)や、1948年の「道は開ける」(原題:How to Stop Worrying and Start Living)は、現代を生きる私達にとっても通じる名著です。

そのようなカーネギーは数々の名言を残すとともに、カーネギー自身も他の偉人の名言を好んで引用していました。そんなカーネギーに選ばれた名言を紹介します。人生全般にわたるカーネギーの哲学が見えてくるのではないでしょうか。

鋭い言葉や巧みな比喩、ぴりっと薬味の利いた言葉の数々は、問題をかかえていたり悩みがあるときこそ心に響いてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

いかにして自信を得るか・カーネギーが選んだ名言集③【デール・カーネギー 名言集】

 

危恐怖心は、暴れん坊だが同時に臆病者である。

恐怖心を克服するには、その存在を無視すればよい。あなたにはできるはずだ。

デール・カーネギー

 

 

長生きすればするほど、物事に没頭できる人は、人間として一番大切な資格または天性を備えている、と確信するようになった。

成功者と失敗者の実力は、技量の点でも才能の点でも、大差はないようだ。しかし知能も技能も体力もすべて等しい二人の人間が、同時にスタートを切ったとすれば、没頭できる人間のほうが先に到達する。

また、たとえ実力は二流であっても、物事に没頭できるタイプであれば、没頭できないタイプの一流の人間に勝つことが、しばしばある。

フレデリック・ウィリアムソン

 

 

愛してその人を得ることは最上である。

愛してその人を失うことは、その次によい。

ウィリアム・メイクピース・サッカレー

 

 

不可能だと思わない限り、人間は決して敗北しない。

デール・カーネギー

 

 

年をとれば額にしわが寄るのは仕方がないが、

心にまでしわをつくってはならない。

ジェイムズ・A・ガーフィールド

 

 

人生において重要なことは、大きな目標を持つとともに、それを達成できる能力と体力を持つことである。

ヨハン・ウォルフガング・フォン・ゲーテ

 

 

自分のことで卑屈になったり、引っ込み思案になったりしがちなのを克服する最上の方法は、他人に興味を持ち、他人のことを考えることだ。

気遅れなど嘘のように消え去ってしまう。他人のために何か尽くしてやることだ。常に人に親切を尽くし、友人のような心で接すれば、あなたはその素晴らしい結果に驚くことだろう。

デール・カーネギー

 

 

熱中する心がなければ、この世に進歩はありえない。

ウッドロー・ウィルソン

 

 

どんな職業につこうと、成功に向かう第一歩は、その職業に興味を持つことだ。

サー・ウィリアム・オスラー

 

スポンサーリンク

 

強い信念によって強い人間が生まれる。そしていっそう人間を強くする。

ウォルター・バジョット

 

 

限りなく心を打ち込んでかかれる事柄であれば、人間はたいていのものに成功できる。

チャールズ・シュワッブ

 

 

人間が臨終に際して、子孫に熱中する心を伝えることができれば、無限の価値ある財産を残したことになる。

トーマス・A・エジソン

 

 

何か一つ趣味を持たない限り、人間は真の幸福も安心も得られない。植物学、蝶やカブトムシの採集、バラやチューリップ、スイセンの花づくり、釣り、登山、骨董、その他どんなものに興味を持とうと、その人の人生は素晴らしいものに変化する。趣味という馬を乗りこなせる限り、何の趣味でもかまわない。

サー・ウィリアム・オスラー

 

 

あの太陽の輝くはるか彼方に、私の最も憧れている何物かがあります。たとえ、そこに達することはできなくても、私は頭を上げてその美しさを眺め、そこにあることを信じ、その指さす方向へついていくことができるのです。

ルイーザ・メイ・オルコット

 

 

心を打ち込んで事に当たれば、右手を二本得たも同然である。

エルバート・ハバード

 

 

熱中ほど伝染しやすいものはない。これこそ真のオルフェウス神話である。熱中は岩を動かし野獣をもうっとりさせる。それは誠意の守護神であり、これなくして勝利はありえない。

エドワード・ブルワー・リットン

 

 

優柔不断は疑いと恐怖心を生み出し、行動は勇気を生み出す。恐怖心を克服するには、家に閉じこもってくよくよしていては駄目だ。外へ出て仕事に精を出すことだ。

デール・カーネギー

 

 

自分が恐怖を抱いている事柄を一覧表にして、無意味なものはないか調べてみることだ。

率直な気持ちで調べれば、その大部分が取るにも足りぬ恐怖であることがわかる。

テール・カーネギー

 

 

我々は、安楽と贅沢が得られなければ人生の幸福はありえない、と考えているが、実際に人を真に幸福にするものは、何か我を忘れて取り組める事柄を持つことである。

チャールズ・キングズリー

 

 

ひとかどの人間になりたければ、物事に熱中できる人間になることだ。

人に好かれるようになるし、機械のように毎日同じことの繰り返しばかりする退屈な人生から逃げられる。どんな分野でも先頭に立てるようになる。そうなるに決まっている。これが人生だから。

仕事に全身全霊を打ち込めば、楽しさがどんどん増していくばかりでなく。人に信用されるようになる。ちょうど発電機を目撃した人間が電気を信用する気になるように。

ジョナサン・オグデン・アーマー

 

信念を持たない限り、人に信念を与えることはできない。

自分で納得いかない限り、人を納得させることはできない。

マシューアー・アーノルド

 

 

 

人生もフットボールも原則は同じだ。ラインに向かって突っ込め、ファウルするな。ボールから身をかわすな。ラインに向かって突っ込め。

セオドア・ルーズヴェルト

 

 

失敗は成功の母である。落胆と失敗は、人を確実に成功に向かわせる二つの試金石である。

この二つを自発的に研究し、何か今後に役立てられることをつかみ取ることができれば、これほどプラスになるものはない。過去を振り返ってみよう。失敗が成功の助けになった場合があるはずだ。

デール・カーネギー

 

 

天才は力の集結である。手に入れる価値があるものなら何でも手当たり次第に手に入れる人間は、猫を追うブルドッグのように、全身の筋肉を緊張させて、ただひたすらに自分の目標に向かって進む。

W・C・ホルマン

 

 

男女を問わず物事に熱中できる人間は、自分と接触する人間を引きつけてやまない。まるで磁石である。

H・アディントン・ブルース

 

 

うんと熱中せよ。熱中は熱中を生む。

ラッセル・H・コンウェル

 

 

私は口角泡を飛ばして熱弁をふるう人間が好きだ。泥のぬかるみになるより、間欠泉になって熱湯を吹き上げるほうがよい。

ジョン・G・ジェッド

 

 

私が心ゆくまで作曲したり、文章を書いたり、お祈りしたり、説教したりする時は、怒りを込めてやる必要がある。その時、私の血液は沸き立ち、私の理解力は研ぎ澄まされるのだ。

マルティン・ルター

 

 

彼は思う存分にそれを行ない、富み栄えた。

旧約聖書「歴代志上」

 

 

美徳は自信を生み、自信は熱中を生む。そして熱中は世界を征服する。

ウォルター・H・コッティンガム

 

 

雄弁に欠かせないものは誠実さである。

自分に対して誠実な人間になれば、人を説得することができる。

ウィリアム・ハズリット

 

 

他人のために尽くすことだ。そうすれば、つまらない劣等感など、七月のトウモロコシ畑にかかる朝露のように、跡形もなく消え失せてしまう。

デール・カーネギー

 

最後に

カーネギーの選ぶ名言には、短い言葉であっても長い言葉であってもそれぞれに重みがあります。現代に生きる私達にも通じるものがあるのではないでしょうか。

人生に悩んだり迷ったりしたときに心の支えの一助となったら幸いです。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です