デール・カーネギー 名言集【いかにして自信を得るか】

「人を動かす」「道は開ける」の著書で有名な、デール・カーネギー。

デール・ブレッケンリッジ・カーネギー(Dale Breckenridge Carnegie)は、アメリカの作家にして教師で自己啓発で有名な著者です。1936年の「人を動かす」(原題:How to Win Friends and Influence People)や、1948年の「道は開ける」(原題:How to Stop Worrying and Start Living)は、現代を生きる私達にとっても通じる名著です。

そのようなカーネギーは数々の名言を残すとともに、カーネギー自身も他の偉人の名言を好んで引用していました。そんなカーネギーに選ばれた名言を紹介します。人生全般にわたるカーネギーの哲学が見えてくるのではないでしょうか。

鋭い言葉や巧みな比喩、ぴりっと薬味の利いた言葉の数々は、問題をかかえていたり悩みがあるときこそ心に響いてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

いかにして自信を得るか・カーネギーが選んだ名言集④【デール・カーネギー 名言集】

 

人は皆、深く根を下ろした興味や趣味を持つべきだ。

精神は豊かになるし、生活がぐっと楽しくなる。

そのうえ、趣味の種類と性質によっては、自分の国に対して貢献もできる。

デール・カーネギー

 

 

目的をあくまで追求し、道徳を堅固に保ち、あくまで自分自身を守り通せば、あらゆる目標が達成できるとともに、この心構え一つで、一段と大きな仕事をする腹が決まる。

フレデリック・B・ロビンソン

 

 

弁護士になろうとしっかり心に決めれば、それだけで目的は半分達成されたも同然である。

きっと成功してみせる、と決心することが、何よりも重要だということを、常に銘記すべきだ。

エイブラハム・リンカーン

 

 

一度に1つずつ事を行なえ。

あたかも自分の生死がそれにかかっているかのような気持ちで。

ユージン・グレース

 

 

事実を知れ。

事実を抱き締めよ。

すべての基本は熱中である。

そして熱中は純真な心から生まれる。

ラルフ・ワルド・エマーソン

 

 

空気から歌は生まれない。

自分が何を創造しつつあるか理解し、感じ取らねばならない。

アーヴィング・バーリン

 

 

人の興味を引こうと思えば、まず自分が本当に興味を感ずることが必要だ。

ジョン・モーリー子爵

 

 

真の熱中の持つ美と力について考えようではないか。

そして自分であろうと他人であろうと、その目を開かせようと努力する時には、ほんの一つの熱意でも、抑えたり冷却したりしないように気をつけようではないか。

ジョセフ・タッカーマン

 

 

恐怖心を克服したければ、自分のことばかり考えていては駄目だ。

他人を助けるように心がければ、恐怖は消え去る。

デール・カーネギー

 

スポンサーリンク

 

熱中は性格をつくる原動力である。

物事に熱中できなければ、いくら才能があってもいつまでも芽を出さない。

たいていの人は、まだ使い方を知らない隠れた才能をたくさん持っていると断言してよかろう。たとえ教養があり、しっかりした判断力があり、考えが理知的であっても、心を打ち込んで思考し行動することを知らないうちは、隠れた才能の存在は、誰にもわからない!本人ですら知らないのだ。

デール・カーネギー

 

 

天才の生み出すものは、すべて熱中の産物に違いない。

ペンジャミン・ディズレーリ

 

 

もし私に涙を流させたければ、まず君自身が苦痛を感じることだ。

ホラティウス

 

 

私は移民の子であったので、頑迷、思いやりのなさ、偏見のすべてをなめ尽くした。

だが私は苦しまなかった。

むしろ一段と努力に励むための鞭だと考えた。

バーナード・バルーク

 

 

失敗は一種の教育である。

「思考」とは何であるか知っている人間は、成功からも失敗からも、非常に多くのことを学ぶ。

ジョン・デューイ

 

 

私は災難の起こるたびに、これをよい機会に変えようと努力し続けてきた。

ジョン・D・ロックフェラー

 

 

「北風がバイキングをつくった」スカンジナビアにこんなことわざがあるが、これは我々の人生に対する警鐘と考えることもできる。

安全で快適な生活、楽しくのんびりした生活さえあれば人間は自然に幸福になり、善良になるという考え方は、 いったいどこからきたのだろう? それどころか自己憐憫におちいっている人間は、クッションの上にそっと寝かされていても依然として自分を哀れみ続ける。

歴史を見ればわかるように、人間が自己の責任を背負って立てば、環境が良かろうと悪かろうと中程度であろうと、気骨のある人格が育ち、幸福が必ずやってくる。

だからこそ、北風がバイキングの生みの親となったのだ。

ハリー・エマーソン・フォスディック

 

 

現代は演出の時代である。単に事実を述べるだけでは十分ではない。

事実に動きを与え興味を添えて演出しなければならない。興行的な手法を用いる必要がある。

映画、ラジオ、テレビなど、皆この手法を使っている。

人の注意を引くには、これによるのが何よりも有効だ。

デール・カーネギー

 

 

悲しみと苦痛は、やがて「人のために尽くす心」という美しい花を咲かせる土壌だと考えましょう。

心を優しく持ち、耐え抜くことを学びましょう。

強い心で生きるために言い換えれば、あせらずに、苦情を言わずに生きるために。

できる限りの努力をすれば、いつかは楽しい満ち足りた生活を送れる日がやってきます。

ヘレン・ケラー

 

 

苦難は真理に向かう第一歩である。

戦争であれ、嵐であれ、女の怒りであれ、苦難を見事に耐え抜いた者は、たとえ十八歳であろうと八十歳になっていようと、非常に貴重な体験をしたことになる。

バイロン卿

 

 

分別と忍耐力に支えられた炎のごとき情熱を持つ人は、一番成功者になれる資格がある。

デール・カーネギー

 

 

どうすれば物事に熱中できるだろうか。

まず自分の手がけている事柄のどんなところが好きか自分に言い聞かせて、嫌いな部分は捨てて、さっさと好きな部分へ移ることだ、それから夢中になって行動する。誰かに自分の好きな部分について聞かせてやる。なぜそうしたことに興味があるのか、教えてやる。

デール・カーネギー

 

 

 

我々は自分が胸に温めてきた計画の廃墟を積み重ねて、天へ向かう。

失敗だと思っていたものが、実は成功だったということに気づきながら。

エイモス・ブロンソン・オルコット

 

 

苦さの味を知らぬ者は甘さもわからない。

ドイツの格言

 

 

困難とは作業衣を着た好機会にすぎない。

ヘンリー・J・カイザー

 

 

兄弟よ、困難は偉大な心を育てる乳母である。

この厳しい乳母は、揺り籠を手荒く揺すって、その養い児をたくましい、均整のとれた体の子に育て上げるのだ。

ウィリアム・カレン・ブライアント

 

 

熱中は単なる上っ面だけのものでなく、内面から働きかける。

熱中は、自分の取り組んでいる事柄の何かある一面に心底からほれ込む場合に、生まれてくる。

デール・カーネギー

 

 

あらゆる失敗は成功に向かう第一歩である。

どこが間違っているか判明するごとに、我々は真実に向かって一歩ずつ進む。

一回経験るごとに、うっかり犯しそうな失敗が一つ姿を消す。

それだけでなく、何かを企てて完全に失敗に終わることは、めったにない。また、じっくり考えて得た理論であれば、どんな理論でも完全に誤っているということはない。

うっかり犯しそうな失敗にも、真実を探求して得られる魅力が必ず潜んでいる。

ウィリアム・ヒューエル

 

 

失敗は、ある意味では成功に向かう本街道である。

どこが間違っているかわかるたびに、真実とは何であるかを熱心に追求するようになる。

そして新しい経験をするたびに、何らかの誤りが明るみに出てくるから、その後は心して失敗を避けるようになる。

ジョン・キーツ

 

 

苦難にまさる教育なし。

ベンジャミン・ディズレーリ

 

 

困難にあって倒れるようでは、汝の力はまだ弱い。

旧約聖書の格言

 

 

人生で最も大切なことは利益を活用することではない。

それなら馬鹿にだってできる。

真に重要なことは損失から利益を生み出すことだ。

このためには明晰な頭脳が必要となる。

そして、ここが分別ある人と馬鹿者との分かれ道になる。

ウィリアム・ボリソー

 

 

偉大な心はしっかりしたよりどころを持っている。

卑小な心は願望しか持っていない。

小さい心は不幸に慣れて大人しくなっている。

偉大な心は不幸の上にそびえ立つ。

ワシントン・アーヴィング

 

 

人間の偉大さは、不運に対してどのように耐えるかによって、決まるものだ。

プルターク

 

 

熱中を得る方法は、自力の手がけている事柄を正しいと信じ、自分にはそれをやり遂げる力があると信じ、積極的にそれをやり遂げたい気持ちになることである。

昼のあとに夜がくるように、ひとりでに熱中がやってくる。

デール・カーネギー

 

 

何かを成し遂げようという気持ちがなければ、世間のどこへ行っても頭角を現わせない。

デール・カーネギー

 

 

それが人生なのだ。A弦が切れることも、三本の弦で弾き終えることも。

ハリー・エマーソン・フォスディック

 

 

どんな不幸な人生からでも、利口者は何らかの利益を得る。

一方、どんな幸福な人生からでも、愚か者は心を傷つけられる。

ラ・ロシュフコー

 

 

繁栄は偉大な教師であるが、苦難はさらに偉大な教師である。

富は心を豊かにする。貧苦は心を鍛える。

ウィリアム・ハズリット

 

 

敗北は骨を固く鍛える。

敗北は軟骨を筋肉に変える。

敗北は人間を不敗にする。

ヘンリー・ウォード・ビーチャー

 

 

敗北とは何か。

それは教育にほかならない。

それは一段と優れた段階に達するための第一歩なのだ。

ウェンデル・フィリップス

 

 

光の存在が物を見えるようにし、また見えなくもしている。

けれどたとえこのうえなく気高い創造物でさえ、暗黒と地上の影がなければ、 いつまでも人の目に止まらない。

そして天空の星も見えなくなる。

サー・トーマス・ブラウン

 

 

最後に

カーネギーの選ぶ名言には、短い言葉であっても長い言葉であってもそれぞれに重みがあります。現代に生きる私達にも通じるものがあるのではないでしょうか。

人生に悩んだり迷ったりしたときに心の支えの一助となったら幸いです。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です