美輪明宏さん 心に響く名言集【人間関係編】

独特なオーラを持ち、スピリチュアルな存在感のある美輪明宏さん。

数々の愛にあふれた名言を語ってくれています。

その名言は、人生の逆境・不遇を乗り越えた経験よりにじみ出た言葉であるから多くの人の心に響き、共感を得ています。

このページでは美輪明宏さんの【人間関係】についての名言・格言を紹介します。

人間関係に悩んでいる人は、その言葉から元気や活力をもらえることでしょう。

スポンサーリンク

美輪明宏さん 心に響く名言集【人間関係編】

 

人間関係で大事なこと

人間関係で一番大事なのは、

腹八分ではなくて腹六分。

夫婦、恋人、親子、仕事関係、

すべて腹六分でお付き合いを。

親しき仲にも礼儀あり。

 

 

嫌な気持ちのとき

嫌な思いをすると、

やり返したくなるもの。

優しさで帳消しにすれば、

自分が気持ちいい。

 

 

自分の心について

清き川に清き水は流れる。

心が美しい人と付き合いたければ、

まず自分の心を磨くこと。

 

 

食べ物と人間関係について

おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、

まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。

食べ物も人間関係も同じ。

 

 

悪口を言われたとき

悪口を言われたら柳に風と受け流す。

自分が清らかで優しければ

「念返し」で悪い念は相手に戻る。

 

 

言葉について

言葉が足りないのは本を読まないから。

美しい言葉に触れ

素敵な表現を自分の中にストックする。

意思の疎通は言葉ありき。

 

 

思いやりについて

自分に思いやりが足りない人ほど

相手に思いやりを求める。

自分の言葉が相手を傷つけていないか、

まず反省してみる事。

 

スポンサーリンク

 

言葉と誤解について

自分は誤解されやすいと思ったら、

言葉が足りているかどうか反省してみる。

思いが正確に伝わるように

言葉を尽くしてますか?

 

 

人との付き合いについて

職場でも家庭でも、

付き合いは気品を持って、

良い人間同士でいること。

君子の交わりは淡き水の如し。

 

 

孤独について

孤独とは物事を深く考えるチャンス。

友達が多い事は必ずしも幸せではない。

 

 

心の持ち方

カスの相手をしている時間なんて、もったいないでしょ。

「そんな人たちは、私の人生になんの傷も与えられない」

と思える強さを身につけることが大切です。

 

 

運命の人

若い人は自分の価値を測る基準は

若さや美しさだと思っています。

でもそんなもの、ただの天然現象。

自分で努力した結果、

手に入れたものでも実力でも才能でもありません。

30歳を過ぎて、若さも美しさもなくなった時、

ガラクタにならないように自分を磨くこと。

それが永遠の愛を手に入れ、

運命の人と呼べる人に出会う方法です。

 

 

人間関係の深層

この世は芸能界も、会社も、サークルも、幼稚園のPTAも

成分はみな同じ。

悪意、ねたみ、そねみ、ひがみでできています。

それを知っているだけで

人間関係はとてもラクになります。

他人が発する嫌味な態度や言葉、

そんなものはサラリと流して何気なく

スイスイと泳いでいけるようになります。

 

最後に

美輪明宏さんの言葉はそれぞれに重みがあります。人間関係で悩んだり迷ったりしたときに心の支えになるのではないでしょうか。人生の一助になったら幸いです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です